よいお年を・・・ (水, 28 12月 2011)
>> 続きを読む

今年も、文字活! (火, 04 10月 2011)
>> 続きを読む

本の美術 (火, 13 9月 2011)
>> 続きを読む

本の道シリーズ⑪~キリル文字

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

 

あなたによりそう個人出版『ことのは』

ひよこマネージャー笹子(ささこ)です。

 

今日の仙台は晴れ・・・?

午前中は晴れていたのですが、今は曇っていますね。

 

さて、今日は水曜日。

本の道シリーズです。

 

最近古い文字(言葉)ばかり取り上げていたので、

これからは今でも使われている言葉を取り上げていきたいと思います♪

 

早速今日は、笹子憧れの国・ロシアで使われている文字

「キリル文字」

です。

 

キリル文字

 

キリル文字は、ロシアを中心に、旧ソビエトの国々の多くで使われています。

ロシア文字、と呼ばずキリル文字、と呼ぶ理由は・・・。

1000年以上昔、

ブルガリアの僧侶キリル(キュリロス)とメトディウス(メトディオス)の兄弟が、

キリスト教を広めるために、ギリシャ文字を基に作ったとされています。

その僧侶の名前からキリル文字と呼ばれるようになったとか。

 

キリル文字を使用する言語としては、

ロシア語、ウクライナ語、ブルガリア語、ベラルーシ語、セルビア語、

マケドニア語、カザフ語、キルギス語、モンゴル語

 

やはり旧ソ連の国々です。

 

というわけで、今回は書いてみました。

キリル文字のアイウエオ表を。

なかなか難しかったですよ~。

 

笹子をキリル文字で書いてみると・・・

 

  笹子→ささこ→Сасако

 

・・・結構普通でした。

 

今回はせっかくなので、キリル文字を使用している国々の

「ありがとう」を載せてみましょう。

 

ロシア語       Спасибо(スパシーバ)

ウクライナ語     Дзкую(ジャークコ)

ブルガリア語     Бпагодара(ブラゴダリャ)

ベラルーシ語    Дзякуй(???)

セルビア語      Хвапа(フヴアラ)

マケドニア語     Ви Бпагодариме(ブラゴダラム)

カザフ語       Рахмет(ラクメト)

キルギス語      Рахмат(ラクマト)

モンゴル語      Баярапапаа(バヤルルラー)

 

同じキリル語を使用していても、言語によってこんなに違うんですね。

文字と言葉は違うという事を再確認できますね。

 

これは日本語ではなかなか感じられない事だと思います。

日本の文字、ひらがな・カタカナを使う言語は他には無いですからね。

言葉:文字=1:1です。

 

しかしキリル語は

言葉:文字=9:1です。

 

文字によってこんなに違うんだなぁ…

この理由は、民族とか歴史とか宗教とか色々あるのだと思いますが、

とにかく新鮮です!

(これはキリル文字以外にも言える事ですが・・・)

 

というわけで、長くなりましたが、今日はここまで。

笹子でした。

 

あなたによりそう個人出版『ことのは』

 

             前の日記<  一覧に戻る  >次の日記

 

 

 

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright(C)2010 SASAKI Printhing&Publishing Co.,LTD. All Right Reserved